生麵の讃岐うどん食べたことありますか?つるシコで使い勝手も◎!

スポンサーリンク

寒いときに食べたくなるうどんの中でも業務スーパーで買えるおススメのうどんを紹介します。

目次

オススメはさぬき麵國生うどん!

業務スーパーでオススメのうどんはさぬき麺國生うどん 800g(200g×4袋)です。

なぜならお店提供されるもちもちシコシコ食感を家で楽しむことができるからです。

さぬき麺國生うどん

手打ち麺のような食感を味わうためには生麺が一番。

しかしながら生麺のうどんは中々見かけません。。

見かけるのは通販でお取り寄せするようなうどんくらい。

スーパーでよく見かけるのは乾麺のうどんやチルドのうどんで生麺は見当たりません。

でも業務スーパーにはあるんです!

これさえあれば、お店で食べるようなうどんを家で楽しむことができます。

800g入り!使いやすい個包装(200g×4袋)!

800gは大体8人前です。

うどんは茹でると膨れるため、見た目以上にボリュームが出ます。

そのため、800gでは多すぎて食べきれないと思い躊躇される方もいらっしゃるかと思います。

でも安心してください。このように個包装のパッケージになっています。

個包装パッケージ

個包装1袋で200g。約2人前の分量です。

必要な分量を茹でることができ、残りは保管することができ非常に便利です。

ぱぴをパパの場合、個包装にはなっていますが、ジップロックのようなジップ付きの袋に入れて冷蔵庫で保管し湿度から遠ざけるようにしています。

しっかり歯応え!もっちり食感!

さぬき麺國生うどんは生麺なだけあって、しっかりとした歯応えがあります。

それでいてもっちりとした食感があり打ち立て麺のような食感を味わうことができます。

高コスパ!なんと178円!

8人前で178円です。

1人前換算すると驚きの約23円!

お店で食べたら800円くらいかかるようなクオリティの高いうどんです。

それが23円で食べれると思うと嬉しくなりますね!

おススメの食べ方は?

お店のようなつるつるシコシコのうどんなので、おススメは次のような食べ方です。

  • 釜揚げうどん
  • 生醤油うどん
  • 釜玉うどん
  • ざるうどん
  • ぶっかけうどん
  • 天ぷらうどん
  • 月見うどん
  • わかめうどん
  • 肉うどん 等々

茹でた後、しっかり冷やすと腰が強くなります。

また茹でた後、そのまま食べるともっちり食感を味わうことができます。

茹で方は?

深めの鍋に水を入れ火にかけます。

水が沸騰したら個包装からうどんを出し、ほぐしながらお湯に入れます。

タイマーをセッ5~7分でセットします。(好みで茹で時間が変わります)

最初は少し菜箸で混ぜ、うどんがくっつかないように混ぜます。

うどんが水分を吸う頃には自然対流が起こります。

混ぜなくてもよいくらいになれば、吹きこぼれに注意しながらタイマーが鳴るまで茹でます。

うどんを茹でたところ

タイマーがなれば冷たい水で一気に冷やしうどんを締めるか器に取り出汁をかけたり釜揚げうどんにします。

ぱぴをパパの場合、寒い日は釜揚げうどんをよく作ります。

茹でた後、うどんを器に入れ沸騰させたお湯を入れます。(茹でたお湯とは別でお湯を沸かします)

釜揚げうどん

出汁には生姜をたっぷり入れます。

最近は姜葱醤(ジャンツォンジャン)をつゆに入れることが多いです。コクが出て美味しいですよ。

釜揚げうどんと出汁

うどんが温かいことに加え生姜の効果もあって、体が温まりポカポカします。

気になるカロリー

1食(麺100g)当たり293kcalです。

思いの外低いのではないでしょうか。

つるつるシコシコでもっちり触感なので、食べる際はしっかり嚙む必要があります。

そのため満腹中枢が刺激され少ない量でも満足できます。

パッケージ裏面

まとめ

さぬき麺國生うどんはいかがでしたでしょうか?

業務スーパーで人気の冷凍うどんとは異なり、茹でる手間が掛かりますが、お店で食べるようなうどんを家で手軽に安く食べることができます。

うどん好きの方はぜひお試しいただければと思います。

これから寒くなってくるとうどんが更に美味しく感じられますので、業務スーパーで見かけたらぜひお試しいただければと思います。

他にも業務スーパーにはいいところがたくさんあります。まとめた記事をぜひご覧ください。

業務スーパーで買うべき万能調味料!姜葱醤とは?使い方は?
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次